義歯

満足のいく義歯とは

義歯には、部分入れ歯と総入れ歯があります。

○ 部分入れ歯・・・お口の中に残っている歯にバネをかけて外れないように維持します。
○ 総入れ歯・・・・顎への吸着によって外れないように維持します。

いずれの場合も顎の形にぴったりと合ったものを作らなければ使うことはできません。またお口の中の感覚は個人差があるので、患者様1人ひとりに適した入れ歯を選んで作らなければ満足のいくものはできあがりません。

 

義歯の種類

denture_img02.jpg【レジン床義歯】
・保険が適用される
・加工・調整が比較的簡単
・割れやすい
・厚みがあって熱や味覚が伝わりにくい

 

 

【金属床義歯】
denture_img03.jpg・保険が適用しない
・非常に薄く作ることができるので、お口の中が広く感じる
・食べものの温かさや冷たさを感じることができる
・変形や破折がない
※コバルトクロム床、チタン床、白金加金床などがあります
◆費用 バイタリウム床 ¥315,000(税込

 

【ノンクラスプデンチャー】

・バネを一切使わない部分入れ歯
・弾力性のある歯ぐき色の樹脂がバネの代わりをするので、見た目に大変優れている
◆費用 ¥157,500(税込)~
 

【磁性体アタッチメント義歯】
・磁石を取りつけた入れ歯で、磁石の力によって残っている歯根と入れ歯が吸着する
・磁石の力によって維持され、非常に安定している

denture_img04.jpg 【インプラント義歯】
植立したインプラントの上に磁性体アタッチメントやボールアタッチメントを取りつけ、入れ歯をインプラントによって支持させます。そうすることにより、大変よく噛める入れ歯になるのです。また入れ歯の外形を小さくできるので、上顎の総入れ歯で顎の真ん中の部分が全くない無口蓋義歯を作ることもできます。